レッスン15


3つ前のレッスンから手こずっているニチョーチョー。
レッスン12の宿題だったウエルナーのP41の練習曲No4.は
とうとうお手上げ、万歳。カンベンシテクダサイ状態。

しょうがないので保留にしてもらい、ひとつ前に戻ってP40の曲からやり直すことに。

バッハの方は次のAllemandeをはじめる。

どうしてもズレて音程がとれないところや弾きにくいところは
無理にハイポジションで弾かなくとも、
ファーストポジションで確実に弾けばいいと言われた。
トリルもうにょうにょ(〜)も今のところは無視していいと。

そうなんだ!
指番号やスラーとか、できるだけ譜面通りに弾かなきゃ〜!!って思っていた。
自分のスキルにあった方法で弾けばいいんだ。
眉間にシワを寄せずに曲を弾いた方がずっと楽しい♪

13小節目も、きっとひと弓で弾ききった方が気持ちよくてかっちょいいんだけど、
それはある程度弾けるようになったらすればいいとセンセに言われ、
なんか、自分で縛りを付けていた物がとれた気がした。

のわりには、オトナの事情っちゅうか、弓の都合で
何カ所かはファーストポジションから2nd、3rdに戻された。。

レッスンを録音じゃなくて録画してみた。
後で見直すと、色々と気になるところが多々ある。
全然レッスンに関係ないことの方が多いのは、まあ、その。。。

写真
(※これは静止画です。どれだけクリックしても再生されません。)

ええぐあいに逆光やった。




web拍手 by FC2
2013⁄12⁄19 17:17 カテゴリー:*Cello♪ comment(0)
▲pagetop







コメントを投稿












管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

■CALENDAR

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

■CATEGORY


■最近の記事


■最近のコメント


■過去ログ


▲NOW


▲pagetop


Copyright © 2018 scrapbook vol.3. All Rights Reserved.

template by nekonomimige & blannoin photo by Encyclorecorder