スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




web拍手 by FC2
--⁄--⁄-- --:-- カテゴリー:スポンサー広告
▲pagetop



まだ、


気持ちがモモがいなくなったことに対応できないままだ。

日曜日、病院から帰ってきたモモと一晩すごして
月曜日、火葬してもらった。

IMG_4451_2013082015040181f.jpg

お参りしてるように見えるけど、
お供えのカリカリを食べようとしてるゴン太。

ゴン太の前にすでにコマが食べていた。

IMG_4450.jpeg


※イタイので隠しておきます。


悲しくて悲しくて悲しくて、
この悲しみを紛らわせるのは日々のやるべきことなのだけど、
そこまた悲しいかな、仕事は暇だし
もともと家事もやってないからあんまりすることがない。

前の時のように、物わかりよく自分を誤魔化して
気持ちを処理したつもりになると、またPDにもなりかねない。
だからといって真正面から悲しみに向かっていこうとしたら玉砕する。

わかってる。
時間が薄めてくれるって。
時間しかないってことも。

でも、今はどーしようもない。

ピヨ吉は、
大腸腺癌の手術をしなかったら、きっと苦しんで衰弱してもっと早くいってしまったかもしれないし、野良だったら10年も生きていなかっただろうと。

わかってる。
でも、言葉で言ってくれてありがとう。

運命って無情だ。
あんなに耐えて耐えて苦しんだモモを
助けるフリしていきなり奪うなんて。


web拍手 by FC2
2013⁄08⁄20 13:02 カテゴリー:*Cats comment(2)
▲pagetop






たくさんの楽しい想い出、幸せな時間の引き替えに、いつか、必ずしも理想的ではない別れの時がやってくるね。
どんなに覚悟をしていても当分の間は何もできないほどにつらく悲しいに違いないでしょう。

私はまだ、猫とお別れしたことはないけれど、可愛がっていた鳥はたくさんいて、色々な理由でお別れしてきました。
昔、見た夢で、真っ白な明るい部屋の中で鳥たちに再会しているというのがあったのだけど、多分それは本当のこと。
私たちは、どんなに長生きしたとして、たかだかあと数十年。
数十年後には、お別れしてきたすべての懐かしい魂に再会できるのだ、と思っています。
2013/08/21 02:04URL | たま[ 編集]


ちょうどお盆で帰ってきていたお父さんやキリとサクラが
この先、長く苦しんだり辛いことになるのもわかってて
「ちょっと早いけど一緒にいっとこか」
って連れて行っちゃったのかなぁとか考えました。

そだよね、みんなと再会できるんだよね。

2013/08/22 16:23URL | sakur@[ 編集]



コメントを投稿












管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

■CALENDAR

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

■CATEGORY


■最近の記事


■最近のコメント


***CM***

にゃお〜ん♪

うにゃにゃ♪

■過去ログ


▲NOW


▲pagetop


Copyright © 2017 scrapbook vol.3. All Rights Reserved.

template by nekonomimige & blannoin photo by Encyclorecorder
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。