スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




web拍手 by FC2
--⁄--⁄-- --:-- カテゴリー:スポンサー広告
▲pagetop



トカラ列島1996(1998かも)


先日の記事で間違いが2つ。
 ×4泊5日    ○3泊4日
 ×なっちゃん   ○キリリ

人の記憶なんておぼろげ〜

   * * *

あれは忘れもしない・・・いつのことだっけ・・・。

釣りを始めたばかりの頃、メジロから始まり、
真鯛、寒ブリ!サワラ!・・・と狙いがどんどん大きくなっていった。
(最終的にはカジキまでいったけど)

釣り具のショップの店長さんからお誘いがあって
カンパチ、イソマグロ、GTを狙うぞっ!と
トカラ列島あたりで船中泊のみの強行釣行に参加することになった。
(これが、確かハワイ旅行に1週間いけるんじゃないかってくらい高かったのは覚えている)

鹿児島まで飛行機で行って、空港まで迎えにきてもらった車で港へ直行。
観光も何も無く、船に乗りこんだ・・・と思う。

1日目は多分、トカラのどっかの島まで行って次の日に備えて停泊。
キャビンはベッドも何も無く、雑魚寝。

2日目、朝もまだ暗いうちから船で朝ご飯を食べて、ポイントへ向けて出港。

   ひたすらジギング。
   しかし釣れない。

イソマグロをジギングでって言うのは
ペーパーウエイトか?!っていうくらい重いジグを100m以上深く落とし、
素早く巻き上げていく・・・マッチョな男の人でもかなりハードな釣りだ。

一生懸命するのだけれど、2回くらいしたら手があがらない状態になる。

「そんなジグにかかる魚はおらんっ!」
とか言われながらも頑張ってたら、なんかかかった。
たぐり寄せてみると、にょ〜んと伸びきった魚が水面に現れた。

---深海から一気に引き上げたから伸びてしまったんやろか・・・

怖くなって、見なかった事にしようと海の中へ竿先を下ろしたら
「あっあっ!なにすんねん!」
と竿を取られてしまった。

ヤガラというモチモチ美味しい魚らしい。

その後にも、もう1匹釣り上げて
「でかしたっ!」と2日目の夜の食材になった。

夜、昨日とは別の島の小さな船着き場で停泊。

IMG_3826.jpg

もちろん船上で夕食。
1日中船から降りない。

一緒に参加していた若い兄弟の一人が船酔いでグロッキー状態。
でも、かわいそうに上陸予定は無いのでずーっと寝ていた。

3日目も2日目とほぼ同じ感じで過ごす。

飲み物はビールと水しかない。
ジュースやオヤツも何も持って来なかったので、
甘い物が無性に欲しくなっていた。

また違う島で停泊。
船に温水シャワーはあるけれど、節水しながらなので
頭を洗ってもさっぱりとしない。
その島に無人の銭湯があると言うので上陸する。

なんかねぇ・・・廃墟・・・みたいな銭湯で
脱衣所には先客(ヤモリ?)が壁にペタペタ張り付いてるし
女湯の方にはワタシ以外誰もいないし、
箱に「使用料200円」みたいな張り紙がしてあるだけやし
お湯はぬるいし、湯船にはなんか灰汁みたいなの浮いてるし

ひゃーひゃーひとりで叫びながらすぐに出てきた。

その帰り道にジュースの自動販売機を発見するも、
居合わせた誰ひとり小銭を持っていなかった!!
おーまいがぁーーーーっっ!!!

もうね、口の中がファンタグレープになってたですよ。
あれほどファンタグレープを飲みたいと思ったことは
後にも先にもなかったですよ。ほんと。

もう一度船に帰って小銭を取って来ようと決心するには
けっこうな距離があった。

落胆して船に戻ると、クルーが申し訳なさそうな顔で

「すみません、水が切れてしまって・・
 コレしか無いんですけど、明日の朝には本島に着くからいいですよね?」

と、指差したクーラーボックスの中には大量のキリリ(オレンジ)があった。

っもう、2〜3本一気に飲む勢いだった。
それまでビールばっかり飲んでた人達も、美味しそうにキリリを飲んでいた。

相変わらず旅先にはカメラを持って行かないので
殆ど写真が無かった。

IMG_3827.jpg

唯一撮ってもらった写真はこの様。
(トリミング無しでコレ・・・)

トカラ列島の釣行の想い出は
オレンジジュースと怖い銭湯とにょ〜ん顔のヤガラだった。

   * * *

その時乗ったチャーター船をググったらあった。



web拍手 by FC2
2013⁄02⁄26 17:15 カテゴリー:*Diary comment(3)
▲pagetop






一度、カジキがファイティングするところ写してみたいです。
2013/02/27 14:33URL | スーリン[ 編集]


>---深海から一気に引き上げたから伸びてしまったんやろか・・・

この発想がsakuraさんらしいわ(* ̄m ̄)
海に戻されて魚もびっくりだね。
慌てふためく周囲の人達の様子が目に浮かぶようです(笑)

ワイルドな船上生活だけでも珍しいのに、
甘味に飢えるなんて考えられない経験だったね。

>(トリミング無しでコレ・・・)
写真少なくて残念だったけど、十分笑ったので良いかな(゜゜☆\
2013/02/27 23:50URL | たま[ 編集]


>一度、カジキがファイティングするところ写してみたいです。

センチョーはまた会社を建て直して船のオーナーになると言ってますので
もし、またトローリングをする機会があったら
是非カメラマンとしてご一緒ください♪
結構あちこち行ったのに、ぬぁ〜〜〜〜んにも残ってないんです(T^T)

>ワイルドな船上生活だけでも珍しいのに、

だよね、珍獣ハンターのイ○トさんを見てると
親近感がわく時があるのは、コレだったんだ(^o^;;

>(トリミング無しでコレ・・・)

当時はまだデジカメとかなかったんで、
使い捨てカメラで撮ってもらったんだと思うけど、
今みたいにその場で画面を確認できてたら
こんなことにはならなかったでしょね(-_-;;

2013/02/28 13:03URL | sakur@[ 編集]



コメントを投稿












管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

■CALENDAR

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

■CATEGORY


■最近の記事


■最近のコメント


***CM***

にゃお〜ん♪

うにゃにゃ♪

■過去ログ


▲NOW


▲pagetop


Copyright © 2017 scrapbook vol.3. All Rights Reserved.

template by nekonomimige & blannoin photo by Encyclorecorder
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。