スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




web拍手 by FC2
--⁄--⁄-- --:-- カテゴリー:スポンサー広告
▲pagetop



妄想のおまけ


これは、まったくの妄想話です。
デタラメで何の根拠も悪意もございません。

  * * *

仮説1の場合、
空海がペテン師で、得度も受けず、
潜りこむように遣唐使船に乗り込んでいたとしたら・・・

空海の素性を知るひとりの僧がいたはず。
なぜか唐に取り残されている霊仙。

その後の霊仙・・・

「大乗本生心地観経」の訳教を811年に完成
仏教の秘伝が国内から失われることを恐れた憲宗によって
日本への帰国を禁じられた。となっているが
これも???な話だ。

憲宗が反仏教徒に暗殺された(820年)後は
迫害を恐れて修行の地を長安から五台山に移した。とあるが、
なぜ帰ってこなかったんだろね?
一般生だから任期が20年だったのかな。。
他に帰れない理由があったんでは?

その後、霊仙三蔵は嵯峨天皇からの使者とのやりとりで、
帰国した空海のその後の活躍を知る。
聞けば聞くほどインチキ臭く思えてくる。

 あの男が不空三蔵の生まれ変わり?
 母神伝説も、死後の再生もキリストの話まんまパクリやん。

空海が霊仙のもとから姿を消した時、
門外不出の法具や経典を持ちだしていたのかもしれない。
霊仙から奉納されたと言われる舎利(釈迦の骨)も
勝手に持ちだしたものだとしたら・・・
ある疑惑が湧いてくる。

 自分を日本に帰れないように陥れた?。。。。
 なにもかも辻褄が合う。
 だとしたら、
 空海のことを知っている自分の身が危ういかも・・・

と思ったかどうかは知らないが、
帰れないのなら、せめて自分の持っているものを日本に伝えるべく、
法具と教えを弟子に託す。
(これが不思議。帰れない理由と矛盾する)

827年、なにものかの手によって毒殺される。

その後、空海の弟子の一人である、山城国小栗栖の法琳寺の僧常暁が、
不思議な因縁でこの太元帥法と法具を日本に持ち帰ることになる。
※大元帥法(だいげんすいほう/だいげんのほう)は、
 真言密教における大法(呪術)の1つ。<wikipediaより>

不思議な因縁?たまたま?
霊仙三蔵は教えと法具を、日本から僧が来たら渡せと遺言していたらしい。
が、これもまた限りなく怪しい。
霊仙は密教の秘法中の秘法と言われる「太元帥法」を空海から守っていたのかもしれない。
守りきれなかったけど。

--------------------------
その他、心にうつりゆくよしなしごと

●空海が日本に帰る時に言ったセリフ

「虚しく往きて実ちて帰る」

ダメ元で行ったのに、ちょーラッキーで凱旋しちゃったよ~
認められて派遣されたんだったら、「虚しく往きて」ってのおかしくない?
てことだとしたら、別人でもなくやっぱ<仮設1>の方?

●今、伝えられているものは、
 後からつじつま合わせに強引に作ったものだと思う。
 強引すぎるところは全部「比類なき天才」とか「奇跡が起こった」ことにして。


●『理趣経』で思い浮かんだこと。

アイズワイドシャットやダヴィンチコードでルーブル美術館館長が孫娘に見られてしまった儀式が思い浮かんだ。
まあ、フリーメイソンの起源は16世紀後半から17世紀初頭とか、14世紀頃の中世の石工職人組合(ギルド)に起源を持つとか言われているので、年代的に全然合わない。どっちかというとフリーメイソンよりイルミナティっぽい感じがする(根拠無し)。でも、資金力とか考えるとそんな組織がバックについていた可能性も?インド経由で伝わった景教とかと一緒に?・・・んじゃ、その前のテンプル騎士団、もっと前の十字軍・・・まだあと200年前・・・とかって遡っていったら収拾がつかなくなってきた。

とりあえず、今はここまで。




web拍手 by FC2
2012⁄06⁄27 13:30 カテゴリー:*Diary comment(0)
▲pagetop







コメントを投稿












管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

■CALENDAR

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

■CATEGORY


■最近の記事


■最近のコメント


***CM***

にゃお〜ん♪

うにゃにゃ♪

■過去ログ


▲NOW


▲pagetop


Copyright © 2017 scrapbook vol.3. All Rights Reserved.

template by nekonomimige & blannoin photo by Encyclorecorder
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。