スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




web拍手 by FC2
--⁄--⁄-- --:-- カテゴリー:スポンサー広告
▲pagetop



妄想のつづき


※いい加減ででたらめな妄想なので、
 本気になって怒ったりしないでね~。

自分では「ペリカン文書」なるんでわぁ~~~!
なんてドキドキしながら一気に書いたものの
ブログなんかにアップしたらヤバイかもよ~~~
とか思ってたけど、
「ペテン師 空海」でググったら
出てくるわ出てくるわ!

やっぱ、そう思うよねぇ~・・・。

とりあえず司馬遼太郎の本でも買って読んどこうかな。。。

----------

空海。
確かに機転のきく賢い人だったんだと思う。
が、口の達者なペテン師だったとしか思えてならない。
(ペテン師は言い過ぎかもだけど)

それか、いっそ別人だったのでは?

本当に賢かったら、きっと15歳で大学に入れてたはず。
叔父に預けられて浪人生活をしていたんでは?
18で入ったとしたら3浪ってこと?
(大学は21で強制的にほり出されるらしい)

大学を中退して19歳で飛び出してから24歳で儒教・道教・仏教の比較思想論でもある
『聾瞽指帰(ろうごしいき)』を書いた・・とされている。
※これも内容要確認 発表されたのはいつ?
※空海と名乗ったのが具体的にいつからか記されていない?

が、この辺りから入唐までの空海の足取りは資料が少なく不明点が多い。
とされているが、そんなに偉大な功績を残した人が、なぜ自伝を残さない?
弟子が残さない?
残さなかったのではなく、残せなかったからじゃないの?

ではなぜ残せなかったのか。

ここで
<仮設1>
四国を放浪している時には、
記述として残せるような事を何もしていなかったから。

<仮設2>
四国を放浪していた人物と、唐に行った人物・・・
いや、唐から空海と名乗って日本に来た人とは別人だったから。

四国巡礼は弟子や修行僧が勝手に作り上げた虚像を追いかけ
便乗しようとする者やガセネタ(逆打ちの方が効果大とか)で
話が膨れ上がってできたモノではないのか?。

言い伝えもひねくれた私には解釈が違う。
例えば塩鯖事件。
当りすがりの塩鯖を運んでいた人に、突然くれと言って断られた。
「そんなケチなヤツはバチ当たるでぇ~!」とか負け惜しみを言ったら
本当に馬が苦しみだした。
勿体つけて水をあげると元気になったのでお礼に塩鯖をもらった。
たくさんもらって余ったからなのか、飽きてきたので
海に放り投げた。そこに尾ひれをつけて
生き返って泳いでいったことにされている。

塩鯖を生き返らせる意味ってあるの?
生き返らせるためにくれって言ったの?

あと、「逆打ち」も鯖事件と同じニオイがする。
口の中に明星が飛び込んできて、悟りを得たとか。
山の上から飛び降りて如来に助けてもらったとか、
唐から帰国前に三鈷杵を日本まで投げ飛ばしたとか、
沈んだ太陽をまた引き上げたとか。。。
子供でも騙せないと思うよ、わたしゃ。
空海にまつわる伝説は、知れば知るほど
ますます怪しく思えてくる。
※さらに確認

つづく。




web拍手 by FC2
2012⁄06⁄21 22:47 カテゴリー:*Diary comment(2)
▲pagetop






個人(貴族)の強迫神経症につけこむ心霊アドバイスの見返りで、身分よりずいぶんと良い生活をしたのは安倍晴明ですが、個人どころか国家から財宝所領をせしめたのは「マオ君一派」ですね。
密教はそれ以前の宗派に比べて、利益誘導型の性格が強いと思います。
呪文(マントラ)により現世利益、敵からの呪詛防止、来世・極楽浄土への生まれ変わりを保証します。
その代わり、請求書が届きますが。
いわば、超能力宗教の元祖であり、それ故、それを演出する奇跡譚も他の宗派に比べて図抜けて多く作られていると思います。

少し後の時代ですが、元寇の後、寺社が請求した祈祷料の総額は、武士のそれを上回ったそうです。
「あの神風は祈祷のおかげ」と言うわけです。
それで恩賞をケチられたためか知りませんが、当時、九州にいたうちの祖先は、元寇の役の後で食いつめて、東北まで流れたそうです。

現代でも「霊験あらたかな○◎(壺、水、...etc)」とか「パワースポット」で観光客呼び込みをするのは普通に見られますが、ここいら辺を許容してしまうとオウムみたいなのに出会った時に、抵抗する思考力を奪ってしまいそうと心配するとのは私の杞憂(祖先の恨み?)です。
2012/06/23 14:20URL | スーリン[ 編集]


決して、宗教を否定するんではないんですが、
どーも、引っかかるところがちょいちょいあったもんで。。。

安倍晴明もやっぱ、そうだったのか。
長いことダシにされた道真がかわいそう。。

>「あの神風は祈祷のおかげ」と言うわけです。

すごいなぁ!今のヤ◯ザも顔負けなタカり/(☆_<)

そんな遡ってルーツがわかるってのもすごいですね!
私も「明らかに怪しい壺」~「パワースポット」~「お守り」までの間で、どっから許容範囲にするか線引きが明確にできてませんが、お守りを気休めに買うことと、雑誌とかに書いてある「占い」は信じませんが、おみくじは初詣の時に買う・・くらいですね(^-^;;;

2012/06/23 19:03URL | sakur@[ 編集]



コメントを投稿












管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

■CALENDAR

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

■CATEGORY


■最近の記事


■最近のコメント


***CM***

にゃお〜ん♪

うにゃにゃ♪

■過去ログ


▲NOW


▲pagetop


Copyright © 2017 scrapbook vol.3. All Rights Reserved.

template by nekonomimige & blannoin photo by Encyclorecorder
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。