スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




web拍手 by FC2
--⁄--⁄-- --:-- カテゴリー:スポンサー広告
▲pagetop



モモ再再々・・・入院


今度は感染症。
も、ほんと2歩進んで3歩下がってる気分。

この手の記事は隠しとこ。。。

▼【モモ再再々・・・入院】の続きを読む...


スポンサーサイト

web拍手 by FC2
2013⁄07⁄23 10:29 カテゴリー:*Cats comment(5)
▲pagetop



4ポジはビミョー


そうなんですよ、以前はチェロはほとんど門外不出だったので
エンドピンを出したままスタンドにかけておいてたけれど、
今のレッスンはマイチェロを持って行くので出しっぱができなくなっちゃって。。
(て、どこからの続きや・・・)

何の話かと言うと、チェロの構えがいつもビミョーに違って常に違和感がある。。
この間、センセにあれこれみてもらっていて、右足の方を少し前気味にしたら
右手が動きやすくなって、チェロもズリズリ動かなくて

お♪

と思った。
でも、家でやったらその「お♪」ってのが消え去って、
どうやっても取り戻せない。。。

家では裸足だし、レッスンでは靴はいてるし、もちろんイスも違うから
次にジャストフィット感を味わえた時にでもエンドピンの長さを測っておこう。
でもいつ来るかわかんないのよね、じゃすとふぃっと感。。。
(もう来なかったりして、いやいやm錯覚だったという可能性も。。。)

     ♪ ♪ ♪

猫介護は続いていて、なかなか気持ちの切り替えも出来ずに
チェロに触らない日々が続いていた。
何よりも、練習してる2階の
あ”っづい”ことあ”っづい”こと!
チェロが溶けちゃうんじゃないか?!ってくらい暑い!熱い!

あまりの熱さに、エアコンを買い換えて(モモのために)
1日中つけっぱにして(モモのために)
かなり過ごしやすくなった。

比較的涼しい朝のうちに少しだけ練習する。
そう!4ポジ♪4ポジ♪

ところが。。。
むっちゃビミョーーーーー。
指の角度がほんのちょっと変わるだけで音程がずれまくる。
一番の問題は
(ウリじゃないよ)
この2年、左手の爪は深爪気味を繰り返していたので
人差し指以外はかなり肉の方が指先に出るようになった。
1ポジでは弦を押さえやすくなってきていた。
なのになのに、4ポジでは殆ど指のてっぺんで押さえないといけないのに
まったく押さえられない。
高い方の弦を一緒に押さえてしまう。
私の指がぶっとい?短い?

チェロでこの様なのにバヨリンの人はどやって1本だけ押さえられるんだろう。。。
かの人とかは指先にポッチみたいなシリコンでも埋込んでいるんだろうか。



web拍手 by FC2
2013⁄07⁄22 13:25 カテゴリー:*Cello♪ comment(0)
▲pagetop



レッスン4


猫介護でどうしようかと悩んだけれど、
行った方が気もまぎれるので水曜日に4回目のレッスンに行ってきた。

     ♪ ♪ ♪

なんか、最近音程について、つかめそうな気がする気がする。
気のせいかもしれないけれど。

そんな感じで ロングロングアゴー

ノーマルパターンはだいぶマシになった。
変奏バージョンは色々弓使いの注意を受ける。
言われてることは超シンプル。

ひとつひとつ音をしっかりと発音させれ。

シンプルだけど超ムズカシイ。
スラーでも2個目以降の音をちゃんと発音させるように。
移弦したら、ちゃんと用意ができてから鳴らすように。
やっぱし言われるのは「右手を意識して弾くように」だ。
プラス、左の指が中指と薬指の感覚が狭くならないよう気をつけろと。
(やっぱ左も意識しないとあかんやん。。。)

ウエルナーは、センセが伴奏してくれてデュエット♪
ジョーズな人の伴奏がつくと、自分もうまく弾けてる気になる♪
そして、次に進んだ。なんかページとばしながら。。。

家で練習してる時に、1曲だけ弾いててもアレなんで、
つい、次はどんな曲かなぁ〜とスズキ本の次のページをめくったら
いきなりセカンドポジションとか書いてあって
慌てて元のページに戻った。
みなかったことに。

それなのに、師宣わく

「第4ポジションをやりましょう!」

センセいきなりですよ。
きたーーーーーーって感じでしたけど。

いままでも無伴奏のプレリュードとかなんちゃってで弾いちゃってた時は
なーんかこの辺・・・って感じでどこが2だか3だかわからず弾いていたのに
ちゃんと、4ポジを弾く!って宣言して弾くのは、なんて言うかこう、
ちょっとオトナへの階段てやつ?
ソレを上る気がしたですよ。

そして、4ポジでの音程をとる練習が宿題に加わる。
なんか、ちょっとうれしい。

それと、弓をコントロールするためのエクササイズを伝授された。

ひとつ目は
弾く時のように弓を持ち、最初は弓を水平に構える。
親指、人差し指、小指の3本を意識して腕も肘も手首も動かさずに
指だけで弓先を真上、真下にゆっくりとスムーズに動かす。
円月殺法のように。(ちょとちゃう)

2つ目、
弓を縦にぶら下げるように持ち、3本の指を尺取り虫のように動かす。
これがムズイ。
腕も肩も力を抜いて、指だけでするすると弓を持ち替えるのだけれど
腕どころか足の指や左手まで強張っている。
口も歪んでしまう。
決して人前ではしない方がいいだろう。



web拍手 by FC2
2013⁄07⁄19 17:43 カテゴリー:*Cello♪ comment(2)
▲pagetop



もも服


モモのオムツカバーをあれこれネットで探していて
既成品を加工してオムツポケットを付ければいいかも〜♪とか思っていたけれど、
片っ端からポチポチしまくったら、
サイズを間違えたり、合わなかったり、着せにくかったり。。。
大量の猫服が。。。

オムツを背負うカタチのカバーなんてないので、それはいいとして、
後ろ足やシッポを穴に通さないといけないのがモモにとって最大の難関だ。
とにかく、下半身を触るとものすごく嫌がって怒る。
怒るのにも体力を使うだろうし、そうとうストレスもかかるだろう。

最初、自分のTシャツを筒状にして、足を出す穴を開けて
オムツポケットを縫い付けただけのモモ服。
IMG_4115.jpg

次にオムツを入れ替えやすくするためにポケット部分を改良した。
IMG_4105.jpg

オムツは1日最低3回は交換する。
まだ排便がちゃんと出来ないので、汚れる度に着せ替えないと行けない。
モモの負担を軽減するためには、後ろ足とシッポに出来るだけ触らず着せ替えができること。
それで作ったのが、ゴン太にモデルになってもらったコレ↓
IMG_4117_20130719114251.jpg

でも、これはポケットが右サイドを縫い付けていたため
再々手術でお腹(上からみて右側)からカテーテルが出るようになったので使えない。
それに、シロートがニット生地を手縫いでしたら、
サイズの調整がムツカシイのなんのってあーた。

試行錯誤を繰り返し、やっと実用段階にきたのがコレ↓
IMG_4210.jpg

退院に合わせて作っていた手前のは小さすぎて入らなかった。。。。
おとといは かーさん 夜なべで オムツ縫っただよ。。。

ニット生地の方が動きやすくていいのかもしれないけれど
裁縫の腕が未熟なのでなかなかムツカシイ。
てろんてろんになってしまって、オムツが外れてしまう。。。
いまのとこWガーゼを使っているけれど、Wガーゼとニット(Tシャツの生地)を足して2で割ったような素材があればベストなんだけどなぁ。。。。
そう、ちょうど今着てる(買ったばかりの)シャツのような生地。。。

予備は最低でもあと3着は必要なので、
やっぱ文明の利器(おお!今まで「力」だと脳内変換してた!)ミシンの購入を検討中。



web拍手 by FC2
2013⁄07⁄19 12:00 カテゴリー:*Cats comment(4)
▲pagetop



モモ再々手術


退院して2週間、おしめ交換も慣れてきて、ちょっとずつ手際もよくなっていた。
当初はおしめ交換の度に大量に出ていたゴミも、ほんの少しになってきていた。

順調に回復していたのに、
恐れていた事が起きてしまった。

ちょっと内容がアレなんで、こんな機能を使ってみました。

▼【モモ再々手術】の続きを読む...



web拍手 by FC2
2013⁄07⁄16 10:09 カテゴリー:*Cats comment(4)
▲pagetop





| HOME | next >>

■CALENDAR

06 | 2013/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

■CATEGORY


■最近の記事


■最近のコメント


***CM***

にゃお〜ん♪

うにゃにゃ♪

■過去ログ


▲NOW


▲pagetop


Copyright © 2013 scrapbook vol.3. All Rights Reserved.

template by nekonomimige & blannoin photo by Encyclorecorder
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。