スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




web拍手 by FC2
--⁄--⁄-- --:-- カテゴリー:スポンサー広告
▲pagetop



(ごく一部の地域では)未来的PC環境


会社でのPC環境は
iMacにFusionというソフトを使ってWindows7を立ち上げている。
その前に使っていたMacのディスプレイをiMacにつなげてモニターを2台にし、
片方でMac、片方でWindows、キーボードは共有。
すっごいシームレスにデータのやりとりができてめっちゃ便利!

家のiMacはブートキャンプでWindowsを立ち上げていたので
いちいち再起動をしなくてはいけなかったけれど
快適なFusionにインストールし直した。
家ではモニターは1つなのでSpacesという機能でモニターを使い分けている。
このSpacesという機能もめっちゃ便利!

まったく便利な世の中になったもんだ。


スポンサーサイト

web拍手 by FC2
2011⁄01⁄29 16:53 カテゴリー:*Diary comment(2)
▲pagetop



鳥は買わない


ピヨ吉に
「チャボと烏骨鶏とどっちが好き?」と聞いたら、

「鳥はかったらあかんで」
あっさり却下された。

今朝、会社に行く前にも
ひとこと「あかんで」
と念押しされた。

いいもん、有精卵を買って孵化させてやる。

鳥は買わない。
卵を買う。
そして、鳥を育てて飼う。
おけ~?



web拍手 by FC2
2011⁄01⁄19 11:41 カテゴリー:*Diary comment(6)
▲pagetop



やりたいこといろいろ


去年9月から習いはじめたチェロ。
 カミングアウトすると、永遠の28歳というのは真っ赤なウソで
 実は30の手習い/(☆_<)/(☆_<)/(☆_<)

今年はアンサンブルに参加できるくらい上達したい。

ニワトリを家で飼ってみたい。(卵を収穫したい)

土壌改良をして、家庭菜園に挑戦したい。

6×7mほどの田んぼがあれば
我が家の1年分のお米が収穫できるようだ。
手始めにバケツ稲作から挑戦してみたい。

特にロハスに目覚めたってわけじゃないけど
なんか自給自足的なことがマイブームかも。

予算があれば風力&太陽光発電とかもしたいなぁ。



web拍手 by FC2
2011⁄01⁄18 12:09 カテゴリー:*Diary comment(0)
▲pagetop



「あ~んして」は要注意


年明けすぐに風邪をひき、病院へ行った。
熱と頭痛と喉が痛いと言うと
「あ~んしてください」と言われ
「ああ、ちょっと赤くなっていますね」
と言いながら、ちょんちょんと何かクスリをつけられた。

その後、3日分貰ったクスリを飲みきっても
咳とのどの痛みが治まらず(逆にひどくなって)
再び病院へ。

簡単な問診の後
「もう少し強い殺菌作用のお薬を出しておきますね」
で終了。
喉も見ず、熱もはからず、咳止めのクスリ数種と抗生物質を処方してもらう。

3日分の薬を飲みきっても治まるどころか
さらに咳き込んで喉の状態は悪化。
咳き込んで呼吸困難になり別の夜間病院へ駆け込んだ。
レントゲンと血液検査の結果
ちょっと白血球の数値が高い他は異常なし。
熱も血圧も正常値。
お医者さんも首をひねっている。
とりあえずぜんそく用のお薬を貰って帰った。

ここで、やっと考えた。
5行目の~ちょんちょんと何かクスリを~~
に戻る。
あれは、ヨードだった。たぶん。
私はヨードアレルギーで、カルテにも書いてあったし
アレルギー性鼻炎で通っている病院だし、医者も気づくはずだから・・・
まさかとは思ったけど・・・

とにかく、一切のクスリをやめて、
アレルギー鼻炎用に貰っているクスリのみ飲んでみた。

ウソのように喉のイガイガがなくなり
咳もほとんど出なくなった。

森○一のようになった声が戻らなかったら
医療ミスで訴えてやるぅ(T^T)




web拍手 by FC2
2011⁄01⁄17 10:58 カテゴリー:*Diary comment(3)
▲pagetop



ぷろふぇっしょなる


去年の秋からアンサンブルに参加している
バイオリン弾きの妹の発表会へ行く。

生徒さん達の発表の後、
先生達もお披露目をしていた。
全般的に先生達は自分の技量の限界に挑戦して
みごと玉砕していた感はあった。

生徒達のお手本を上手に弾きこなし、
「ああ、はやくあんな音が出せるようになりたいわ♪」
的なレベルにしておけばいいものを
生徒を引き離さんばかりに
超絶技巧に走ったり
小難しそうな選曲が目立って
ちょと残念だった。

先生達のお披露目の後、
最後にプロのバイオリン奏者の登場。
金色の鯉のぼりのような(ドレスを身にまとった)おばちゃんがでてきた。

無知な私は
あっちゃ~
と思ってしまった。

演奏が始まったとたん
「え?バイオリン?ビオラ?」
というくらい太く深く幅広い音色。

プロの前に演奏した人が気の毒になるくらい
素人耳にも歴然と「差」を感じた。
「音」ではなく「音色」とはこういうのを言うんだ!
本当に感動した。
涙がだだ漏れしてるのに
気がつかないくらい感動していた。

家に帰ってそのバイオリニストをググってみた。

日本を代表するバイオリニスト
久保陽子

大変失礼いたしました。

昔、人に何かを説明したり発表したりする時は
平たい(分かりやすい簡単な)言葉で説明できる人が
本当にかしこい人だ。と聞いたことがある。
専門用語を並び立てて、
「シロートは理解できなくて当たり前」的な話をするのは
かしこくないと。

素人耳にも感動を与えられる
プロって、
プロって、
プロって、すごいなぁ。



web拍手 by FC2
2011⁄01⁄12 10:09 カテゴリー:*Diary comment(0)
▲pagetop





| HOME | next >>

■CALENDAR

12 | 2011/01 | 02
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

■CATEGORY


■最近の記事


■最近のコメント


***CM***

にゃお〜ん♪

うにゃにゃ♪

■過去ログ


▲NOW


▲pagetop


Copyright © 2011 scrapbook vol.3. All Rights Reserved.

template by nekonomimige & blannoin photo by Encyclorecorder
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。