スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




web拍手 by FC2
--⁄--⁄-- --:-- カテゴリー:スポンサー広告
▲pagetop



アンドレアマジック


数える事をやめてしまったけど、
安心してください、(レッスンは)続いてます。

ここのとこ、音程よりも「音楽性」とか言われはじめていた。
(ほかのひとよりかなり遅いんだろな。。。たぶん)
音楽性、つまり抑揚を付けたりして曲の解釈を・・・らしい。

で、それをするためには右手が大事!(ずっと言われ続けている)
てなわけで、
ずーーーっと右手(弓)の注意ばかりだった。
レッスンの1時間中ずっと開放弦だけで終わった日もあったし。

センセも、いろんな方向からあれこれアドバイスしてくださったけど
そのとき(レッスン中)に出来ても、家に帰ると、あれれ?な感じだった。

そんなレッスンが数回続いていた。

そして、昨日。
奇跡が起きた。

何気なく、センセが
「最近買った松脂が凄くいいよ〜♪」
と言うので付けさせてもらった。

したら、なんとなんと!
指の、手の、腕の、肩の脱力がつるっとできちゃった!
音色まで変わって、聴く方(センセ)も弾く方(わたし)もビックリ。

試しに最近使ってなかった方の弓で
あるときー、ないときー の比べっこもしてみた。

やはり、明らかに違う。

弓の毛と弦との引っかかり具合がすごくいいのだ。
弓元から弓の先の先まで均一な音が出てる。
いままでこんな事なかったのに。。。

センセも私も呆れると言うかなんと言うか、
その理由をちゃんと解明しないと〜〜と何度も引き比べたりした。

弓の毛が自然に弦に吸い付いている・・みたいな。
だから最初に弦をつかむように・・・と構えること(余計な指の力)がなくなる。
自然に吸い付いている安心感から、
今までのように擦れてスベったような音がでるんじゃ・・と身構える事もなくなる。

余計な心配や構えをする必要がなくなったら、
抑揚を付けようか、、とか、
ここはもちょっとタラ〜〜ンて弾いとこか、、
みたいな余裕が出てきた。

一気に短い練習曲3つがクリア〜♪となった。

なんと、松脂ひと塗りで。
センセはこれをアンドレアマジックとよんだ。

(家に帰って検証するのが怖かったが、6〜7割がた魔法は残っていた)

明後日ちょうど市内に出るので買いに行こっと。


スポンサーサイト

web拍手 by FC2
2015⁄12⁄24 18:45 カテゴリー:*Cello♪ comment(2)
▲pagetop



ひっそり更新


もう、何回目とかレッスンの回数を数えることをやめてしまった。
でも、のんびりと継続中。

スズキの4になって、一番最初の曲ブレヴァールのソナタをはじめてずいぶん経つ。
センセの初めての発表会の曲だそうで、
その時のセンセの楽譜の方(ちょと編曲バージョン)でレッスンを受けている。

先月はちょっと仕事で忙しかったりで、レッスンの間が空いたりしたせいもあり
モチベーション低迷期にある。。
元々低いのでそんなに差はないのだろうけど、
なんか、やる気になるようなことないかなぁと、
そのまんまセンセに聞いてみた。

「モチベーションのてこ入れはどうすればいいですか?」

やっぱ、本番が必要なのだそうだ。

本番・・・つまりは、あの、例の、「発表会」っつうやつですねぇ。
センセの他の生徒さん達の発表会は来年3月頃にあるらしいけれど、
うーーーむ。

あとは、弾きたい憧れの曲を課題にするとか・・・だけど、
フォーレのシチリアーノと例のロシアの子守唄(バイオリンとデュエット)。
これは難しすぎて、低迷どころかぷっつんしてしまうキケン性もあるので却下。

んで、考えたのが、
合奏とかすると気持ちよい。
でもメンバーとかが揃うのは色々難しい。
んじゃ、センセとチェロのデュエット曲を見つけてレッスンする。
のが1案目。

他には、
バッハの無伴奏はいつか弾けるようになりたい。
「メヌエットだけ取り出してやりましょか♪」by センセ
2の重音だらけのメヌエットが好きで、いつかやりたいと思っていたのと、
センセも「御浚したかったので、一緒にやりましょう♪」
ということで、1〜3のメヌエットを順番に。
のが2案目。

とりあえず、こんなところでやってみよう。



web拍手 by FC2
2015⁄10⁄24 12:47 カテゴリー:*Cello♪ comment(0)
▲pagetop



弦楽器展示会


関西弦楽器制作者協会の展示会へ行ってきた。

大阪の中之島公会堂で行われる展示会で、
ほぼ毎年行っている。

2年前に妹はここでバイオリンを買った。
紐なしバンジージャンプを目の当たりに見た。
(背中を助走をつけて押したのは私だけど・・・)

そのバイオリン製作者の方が今回はチェロを出展していた。

キケンが危ない!

といっても、手が届くはずもないので大丈夫。
と思っていたら、「お貸ししますよ」と悪魔のささやき。。。

姉妹で同じ制作者のバイオリンとチェロを持つ。。。

いやいやいやいやいやいやいやいや

なんとか踏みとどまる。

他に、こんなバイオリンも♪

IMG_9298.jpg

妹がこのバヨリンでドラクエを弾いていたら
制作者の方が「正解!」とおっしゃった。

でも、後でそれをバヨ仲間の人と話していたら

「関西人としては、あ え て、FFの曲を弾いて
 なんでやねん! の突っ込みが欲しかった」

と指導された。

展示されている所には、猫の写真も多かった♪
IMG_9296.jpg




web拍手 by FC2
2015⁄04⁄13 12:32 カテゴリー:*Cello♪ comment(2)
▲pagetop



レッスン44・45・(たぶん)46


もう、レッスン記はとうとう3こセットとなった。
やってることも代わり映えしないし。

実は、今日のレッスンが45なのか46なのかさえわからんようになっちまった。

ずーーーっと金婚式をやっている。
ポジション移動で激しく音程がずれまくるので
ポジションの取り方、
左手の親指の様々な使い方、
2の指をうまく使って次の音に備える。
4の指で押さえるときは3の指も押さえて間隔をつかむ。

と、左手ばかりに集中してしまうのに、
師宣わく

「右手主導」

そんなぁ・・・

さて、あんまし仕上がった感のないままだけど
ぼちぼちセンセも飽きてきたので次の曲となった。

楽しみにしていたスズキメソッド3の最後の曲の
バッハのアレグロ・モデラートをするのかと思ったら、
軽くスルーされて、何か他に弾きたい曲とかありますかと聞かれた。

フォーレのシシリエンヌは前からやりたいと言ってあるのだけど
まだ難しいらしく、それも却下ぽい。

特に何も考えていなかったので
スズキの4をやることになった。
さっそくポチる。

さて、さてさて。



web拍手 by FC2
2015⁄03⁄18 23:21 カテゴリー:*Cello♪ comment(0)
▲pagetop



レッスン41


クリスマスの日が、今年最後のレッスンだった。

この日は、スケールの後は
妹とデュエットしよう言っている曲を見てもらうことに。
CDで聞くと子守唄のような曲なのに爆睡した子も起こしてしまう感じ。。。
(後でセンセに聞くとホントウにロシアの子守唄だった!)

センセがバイオリンパートをチェロで弾いてくださる。
つい、聞き惚れて手が止まる。

曲の途中で指番号をより弾きやすいのに変更しながら最後まで弾いてみた。

難易度が高すぎるので、何度も「なんでまた、こんな難しい曲を・・・」と
半分呆れ顔(^-^;;
途中で一番高い音は指が届かなければオクターブ下げた音でもいいよ、と
こそっと出された助け舟を即採用!
いいのだ。楽しめれば掟破りでも何でも♪

「出来るだけ合わせて練習しながら和音を感じながら弾いてください」

だそうだ。

まだバヨリンとは合わせていないけれど、
楽しみ♪



web拍手 by FC2
2014⁄12⁄30 00:48 カテゴリー:*Cello♪ comment(0)
▲pagetop





| HOME | next >>

■CALENDAR

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

■CATEGORY


■最近の記事


■最近のコメント


***CM***

にゃお〜ん♪

うにゃにゃ♪

■過去ログ


▲NOW


▲pagetop


Copyright © 2017 scrapbook vol.3. All Rights Reserved.

template by nekonomimige & blannoin photo by Encyclorecorder
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。